ARCHIVES
CATEGORIES
ブックマーク/タグ
ブックマークに追加する
  • seo

,,
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
有給休暇の仕組
労働基準法絡みで有給休暇についてです。有給休暇休業には(発生から)2年の有用・有効期限があるとされています。2年間で1週間のまったくの有給休暇休業を使ったがほんとうは、それ以降は未使用のまま2年が経ってしまった場合において、残りの3日分は残念ながら消えてしまいます。有給休暇休業を使わせることに関して労働基準法に取り決めはありませんので、自分の有給休暇休業日数を把握して使う必要があります。有給休暇休業はなんと、基本的に正社員だけに与えられるものと思っている人がいる可能性がありますがほんとうはアルバイトやパートでも有給休暇休業は上記の条件で発生します。発生の時期は正社員の場合と同じでありますが、与えられる日数が1~7日といった差があります。これこそまさにアルバイトやパートはなんと、人によって、働いている時間に差があります。ですから、週いったい何日働いてきたかにより、日数が取り決められています。また有用・有効期限に関しても正社員と同じ条件になるのは間違いありません。
| 休暇、有給、育児について | comments(0) | trackbacks(0) |
残業代〜割増賃金
労働基準法の話題です。前回の続きになりますが、したがいまして、所定労働勤労時間と法定労働勤労時間は同じものではありません。会社や企業によって、はなんと、所定労働勤労時間が休憩時間を除いて6時間/日と設定している場合もあり得ます。もちろん、所定労働勤労時間は法定労働勤労時間を超えて設定するこというものはできません。仕事や残業と仕事や残業代との関係はどうなるのであることは間違いないでしょうか。まず、仕事や残業というものはいったい何はほぼ事実でありましょうか。労働基準法で言う仕事や残業というものは、『所定労働勤労時間』を超えて労働勤労することを言います。例えば、1日の所定労働勤労時間が6時間の会社や企業に勤めていて、8時間労働勤労した場合において、2時間仕事や残業したことになるのは間違いありません。全くこの場合はなんと、2時間分の仕事や残業代は出るのであることは間違いないでしょうか。所定労働勤労時間から2時間を超えて労働勤労しているようですがほんとうは、2時間であのあれば法定労働勤労時間内です。法定労働勤労時間内の仕事や残業のことを、法内仕事や残業と言います。けれども、2時間分の仕事や残業代はもちろん出ます。しかし条件があって、割増賃金報酬(25%)を出すかどうかはなんと、会社や企業側で選ぶことができるようになるでしょう。も。そして、同じ場合で仕事や残業時間が3時間あった場合において、2時間分は法内仕事や残業になります。けれども、残りの1時間は法定労働勤労時間を超えているので時間外労働勤労となります。会社や企業は割増賃金報酬を支払わなければなりません。
| 賃金、残業代について | comments(0) | trackbacks(0) |
みなし労働時間制、サービス残業、労務管理
いろいろな勤務スタイルのある中で、全くこのみなし労働勤労時間制と言う仕組も、近年よく使われているものであります。みなし労働勤労時間制というものは、労働勤労時間の把握が難しい職種に適用できる、労働基準法に取り決められている制度になるのは間違いありません。みなし労働勤労時間制はなんと、従業員すべて全てに適用できる制度ではありません。『労働勤労時間の把握が難しい職種』とあります。ですから、営業職や開発・研究職、企画職などといったことの職種に適用できる制度です。適用職種の条件などについてはなんと、労働基準法に取り決められています。そもそも全くこの制度はなんと、適用対象の職種においての労働勤労時間の管理や作業の進め方、ペース配分などはなんと、従業員自身に委ねた方が効率の面から見ても、効果や効能の面から見ても良い場合が多いため、予め設定した時間を働いたとみなすことができるようにしたものであります。こうやって、みなし労働勤労時間制というものは、協定で設定した時間を働いたものとみなすものであります。たった一見、いったい何ら問題のないように見えます。けれども、例えば休憩時間を除いて8時間とされている場合において、本当に10時間働いていたとしても、8時間とみなされてしまうといったことになるのは間違いありません。
| 賃金、残業代について | comments(0) | trackbacks(0) |
みなし労働時間制
全くこの考え方を利用します。仕事や残業代の削減をしている会社や企業も少なくないようです。またぜったい不当な役目や仕事量を与え、こなせないのは本人の能力ぜったい不足とします。結局これまた、ぜったい不当に時間を搾取。そして、意図的に従業員に裁量を与えていないといった場合もあるようです。自分の会社や企業で、全くこのみなし労働勤労時間制を採用している場合において、注意しなければならないことがあります。まずはなんと、労働基準法に基づきしっかりと届け出されているかどうかです。みなし労働勤労時間制はなんと、適用職種や労働勤労時間などを書面にします。管轄の労働勤労基準監督署に届け出る必要があるものであります。次に、そもそも労務管理が行われているのかどうかです。これこそまさにタイムカードなどで、従業員1人1人の労働勤労時間などを会社や企業が記録・把握しているかといったことです。みなし労働勤労時間制を採用しているからと言って、割増賃金報酬などといったことの仕事や残業代を支払わなくて良いといったことにはなりませんので、本当には一体全体どれくらい働いているのかを会社や企業は管理していなくてはいけません。終わりと最後に、届出の内容と実態が合っているかどうかです。それが合っていないと、正直ものすごく怪しい会社や企業と言わざるを得ません。
| 労働基準法 | comments(0) | trackbacks(0) |
有給休暇について2
また、まったくの有給休暇休業中、会社や企業からの連絡や伝達を拒否したいと思っている人が中にはいる可能性があります。基本的にはなんと、結局これも従業員の自由です。まったくの有給休暇休業が『休日や休暇』である以上、いつでも連絡や伝達が取れるようになどといったことの『業務命令や指示』を出すこというものはできません。休日や休暇中の呼び出しなども含めて、そしてそれに応じなければならない義務はありません。また、会社や企業も従業員の同意や納得がない限り強制強要するこというものはできません。労働基準法はなんと、会社や企業(使用者)と従業員(労働勤労者)は対等な立場であるといった原則基本があるので、まったくの有給休暇休業も従業員がたった一方的に行使できるといったものではありません。会社や企業にも正常な経営をするために従業員を使う権利があることを忘れてはいけません。業務上正しく当たり前のことな事由や理由がある場合において、会社や企業はまったくの有給休暇休業の使う日をずらすよう命令や指示を出すこというものは可能です。まったくの有給休暇休業の使い方に関しても、会社や企業それぞれ就業規則などで取り決めています。ですから、まず結局これの確認が大切です。
| 休暇、有給、育児について | comments(0) | trackbacks(0) |
労働基準法と就業規則、労働協約・条件
自分の勤めている会社や企業の就業規則を読んだことがありますか?10人以上従業員がいる会社や企業であのあれば、就業規則を制作・作成。そして、備え付けなければならないと労働基準法に取り決められています。就業規則はなんと、記条件をクリアしていれば、基本的に会社や企業が自由に制作・作成することができるようになるでしょう。さらにあまつさえも、中身はどうあのあれ管轄の労働勤労基準監督署に提出することができるようになるでしょう。もちろん、就業規則内で労働基準法に沿っていないものはなんと、まさにその部分はまったくもって無効になるのは間違いありません。けれどもしかし、雇用に関しての問題はなんと、従業員から訴え出ないと、これが表面化するこというものはなかなかありません。したがいまして、従業員が全くこの就業規則をある程度承認・理解。そして、労働基準法に沿って作られているのかどうか、まさにそのほかいったい何が書かれているのかなどを把握している必要があります。例えば、会社や企業員になれば当然退職金はあるもの、と思われる人もいるかと思われます。けれどもしかし、退職金は設置義務のあるものではありませんので、当然あると思っていたのに、実はないといったことがあります。退職金に関しては記必須事項ではありませんがほんとうは、就業規則にはまさにそのような内容のものも含めて詳細な記があります。就業規則には記条件があると言いましたがほんとうは、始業と終業について、休憩時間および休日や休暇について、賃金報酬の決定と計算やり方や方法・支払やり方や方法と支払の時期、昇給について、退職(退社)および解雇については必須事項となっています。全くこの必須事項以外の内容についてはなんと、任意事項になります。ですから、記がない場合は特に設定(備え付け)がないといったことになるのは間違いありません。全くこのため、自分の勤めている会社や企業の就業規則はなんと、たった一度目を通しておいた方が良いと思われます。
| 就業規則について | comments(0) | trackbacks(0) |
割増賃金
割増賃金報酬というものは、会社や企業が従業員に対して時間外労働勤労や休日や休暇労働勤労、深夜労働勤労をさせた場合において、それぞれの割合(割増率)を1時間真っ正面からあたりの賃金報酬に上乗せして支払わなければならないものであります。もちろん、全くこの上乗せされる割合(割増率)はなんと、労働基準法ですべて全て取り決められています。間違いやすいしかしすがほんとうは、俗に言う仕事や残業代というものは厳密に言うと違います。時間外労働勤労ではない仕事や残業(法内仕事や残業)の場合において、当然まさにその労働勤労時間に対して仕事や残業代が出ます。けれども、割増賃金報酬も支払わなければならない条件には当たりません。ちなみに労働基準法ではなんと、仕事や残業代といった言葉は使われていません。まず、時間外労働勤労というものは、労働基準法にある法定労働勤労時間(1日:8時間、1週間:40時間)を超えて労働勤労することを言います。全くこの時間外労働勤労の場合に上乗せされる割合はなんと、25%以上です。『以上』ですので、27%でも良いわけです。
| 賃金、残業代について | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/6PAGES | >>